自己破産はすべての借金がなくなるが・・

自己破産は、借金で行き詰まったときの最後の手段としての制度で、全ての借金がなくなり、帳消しになります。
競売しかし、マイホームを所有している場合は、強制的に処分されてしまいます。
自己破産が免責決定してから、すぐにマイホームを差し押さえられるわけではありませんが、売却先が決まってから、家を出ることになります。
また、20万円以上の資産も、差し押さえられます。
現金では、99万円以上保有している場合には処分されます。
必要最低限の生活用品や備品においては、処分されません。

 

また、自己破産すると、5~10年間、ブラックリストに情報が登録されます。
この間は、金融業者からお金を借りることや、クレジットカードの使用が難しくなります。

もう一つ、自己破産の特徴的なことでは、自己破産の手続きをしている間には、特定の職種ができなくなります。
これを「資格制限」といい、弁護士、司法書士、警備員、保険外交員等の職業です。

 

 

また、過去7年以内にさかのぼって、自己破産の免責を受けたことがある人は、自己破産の手続きは、原則としてできません。
自己破産では、借金が帳消しになりますが、その後、借金を繰り返さないことが望まれます。

また、自己破産の手続きをする前に、国民健康保険に滞納があった場合は、国保に関しては免除されません。
国民健康保険に加入していないと、病気にかかったときに大きな費用がかかり、家族に心配もかけてしまいますので、こちらも手続きに行くことが大切です。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り