任意整理は裁判所が間に入らない

任意整理は裁判所を通さずに、金融業者と交渉して、払いすぎた利息を計算し直してもらい、借金を減額してもらうことです。
任意整理の後は、3~5年の間で、計画的に借金を返済していくことになります。
任意整理では、裁判所を間に入れないため、手続きが少し楽にできることや、また、裁判所にたびたび出向かなくていいというメリットがあります。

ただ、金融業者との直接交渉となると、コミュニケーションの難しさがあったり、話すら聞いてもらえない可能性もあります。
任意整理では、弁護士か司法書士を通した方がスムーズにいくようです。

 

任意整理で借金を減額してもらえるのは、「利息制限法」「出資法」という法律があるからです。
「利息制限法」では、利息上限は最大20%までと定められていますが、「出資法」の利息は29,2%が上限とされています。
この2つの法律では、利息上限に大きな差があります。
過去の裁判で、「利息制限法」が勝訴したため、利息制限法の上限を超えた場合、金融業者は任意整理に応じてくれるのです。
細かく説明しますと、利息制限法では、10万円未満の利息は年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年15%とされています。
現在の債務が、この利息を上回っているか、確認してみましょう。

また、任意整理では、裁判所を間に入れないため、大事なのは交渉力になってきます。
債務整理の経験豊富な専門家を選ぶことが大切です。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り