個人再生は自宅が残る

個人再生では、借金の返済計画を立て、それを裁判所が認めて、3年間の返済義務を終えることができれば、借金を大幅に免除してもらえる制度です。
個人再生では、自宅を残すことができるというのが、大きなメリットです。

 
住宅ローンの債務に関しては減額されないため、住宅ローンは延長するなどして、支払いを続けることになります。
債務が100万円以下、また5000万円以上では、個人再生は適用されません。

自己破産では、借金は全てなくなりますが、住宅を所有していた場合、強制的に失うことになります。

また、個人再生では、3年間の支払い義務が途中でできなくなった場合に、手続きが認められなくなることに、注意が必要です。
個人再生は、手続きが大変複雑で、裁判所への費用もかかり、また弁護士や司法書士に依頼する場合は、その費用も必要となります。

 
他の債務整理と比べても、費用がかかるものとなっています。
そのため、個人再生では、3年間での支払いができるかどうかが、重要になります。

個人再生では、債務を大きく減らせることができますが、最低弁済額は、100万円以上500万円以下では100万円、500万円以上1500万円以下では債務の20%、1500万円以上3000万円以下では300万円、3000万円以上5000万円以下では債務の10%となります。

大幅な債務の減額が可能となりますが、サラリーマンと自営業とで、条件は変わってくるなど、様々な制約があります。

自宅を残すことができ、債務も少なくなる、メリットも大きい制度ですので、個人再生ができるかどうか、専門家に相談されるといいと思います。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り