債務整理をするかどうかの判断基準

債務整理には、3つの種類や方法があります。
自己破産、任意整理、個人再生があるのですが
それぞれ違いがあります。

★自己破産は
財産を裁判所によって、処分した金額を債権者に分けられる為
全て無くなってしまいます。
財産を処分しても、支払いきれない金額は免除されます。

ただ、すべて借金が無くなってしまうわけではなく
借金の取り立てや、催促は無くなりますが
破産宣告と債務の免責の、手続きをしなくてはなりません。

★任意整理は
裁判以外で交渉するので、生活体系を壊さず返済するよう債務者との交渉が大切です。
決まった返済方法でも、裁判所が介入していないので強制力が無いのが特徴です。

払い過ぎた金利があれば、それを返済の一部にあてるように交渉して
金利などを引き下げてもらえるように交渉しますが
この場合、個人で交渉するのは大変難しいので、弁護士に依頼して行いましょう。

★個人債権は
個人再生民事です。
簡単に言えば、自己破産と任意整理との中間の方法です。
住宅資金特別条項があり、住宅ローンを支払いながら
債権者に分割して返済していくことが出来るので、自宅を失わずに済みます。

裁判所で手続きをして、債務を5分の1に減額できます。
ただし、借金が3000万円以上の場合は10分の1になります。
財産を処分することはありません。
強制力があるので、こちらの方法がいいかもしれません。

自身にとって一番あっている方法を選ぶと事です。

これらの債務整理の詳しい内容や判断は、弁護士などに相談するとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り