債務整理の4つの方法はどんな人向き?

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの債務整理には、どんな人が向いているでしょうか? 任意整理は、払いすぎた利息分を引き直し計算して、借金を減らしてもらい、3~5年間で計画的に返済します。

 

特定調停も、同じように引き直し計算で借金を減らし、3~5年間で借金を返済していくものです。 どちらも、3~5年間で返済義務があるため、引き直し計算して、支払いが滞りなくできるかどうかを、検討する必要があります。 任意整理は裁判所を間に入れないので、仕事が忙しく裁判所に出向くことが難しい人などに向いているでしょう。 特定調停は、簡易裁判所を通して手続きをします。

 

手続きの費用があまりかからないことと、返済が滞った場合に債権者が強制的に給与差し押さえなどの権利を持つところが、任意整理と少し違う点です。 個人再生では、任意整理では借金の返済計画が難しい人で、3年間で決められた支払いが可能な債務者に向いています。 借金が大きく減額されるケースもありますが、3年間の支払いが途中で滞った場合、手続きが認められなくなります。

 

個人再生は、手続きに多くの費用もかかりますので、再生計画通りに返済できる、収入の見込みがあるかどうかが、重要です。 自己破産は、借金を返すことが不可能になった場合に使われる制度です。 免責がおりれば、借金は帳消しになりますが、マイホームなどの資産は失うことになります。 また、浪費やギャンブル等が債務の原因であれば、自己破産できない場合もありますので、注意が必要です。”

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り